開祖忌法要と教区帰山
2017.05.18
合掌
 毎年この時期は開祖忌法要を挙行する月間となっています。
 門信徒のみなさんはご存知と思いますが、開祖道臣禅師は1911年(明治44年)2月10日の生まれです。
1980年(昭和55年)5月12日、69歳で入滅され今年で生誕106年となります。
 私たちは、法縁に恵まれ開祖道臣禅師の建立した金剛禅総本山少林寺の門を叩き入門を許され門信徒として開祖道臣禅師の教えを享受し今日の生活を営んでいるといっても過言ではないと思います。
 年に一度の宗門の行事として、開祖道臣禅師の思いと、私たち門信徒の現在の思いと行動を足元(脚下照顧)から見つめなおす絶好の機会と捉えてみるのも良いと思います。




 さて、5月14日に総本山で挙行されました開祖忌法要に千葉県教区として16名の門信徒の方が参列いたしました。



これは以前からご案内していた創始70周年を記念した、千葉県教区本山記念帰山の2日目の日程の中で行われたものです。
 道院での開祖忌法要と違い、本山で営まれる雰囲気は独特のものがあり厳粛さに圧倒される中、各自献香を行いその後、大澤代表の法話を印象深く拝聴し特に「時間というものとのかかわり方」について新鮮な気持ちで受け止めることが出来たようです。
 また、開祖霊廟での献香は初めての参加者にとっては大変感慨深い思い出となったようでした。







合掌再拝

2017年5月18日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)
2017.05.18 20:21 | 固定リンク | 教区長法話
千葉臨海小教区研修会開催されました
2017.04.02
千葉臨海小教区研修会開催されました



日 時 2017年3月12日(日) 午前10時~午後3時
会 場 千葉宮野木道院 専有道場
講 師 易筋行担当  鈴木 慎二 先生(千葉武専研究会講師)
    僧階講義担当 森 久雄 先生(千葉県教区講師)

内 容 千葉臨海小教区長の清水谷先生のあいさつから始まり、午前中は僧階テーマ「K2日常生活の中の金剛禅」の受講と、易筋行修練に分かれてそれぞれ行われました。
受講者数も総勢20名となり、千葉宮野木道院専有道場の会議室を含めすべてを使用し、充実した研修会となりました。

2017.04.02 20:52 | 固定リンク | 行事紹介
4月度 教区長法話
2017.04.01
合掌
 3月19日に開催しました、千葉県教区2017年度全体会議において計画案が承認され、いよいよ少林寺拳法創始70周年記念の年の幕開けとなりました。
 千葉県教区の事業方針として、「創始70周年を記念した教化育成への取り組み」としました。
具体的には、2月12日に繰り上げ実施をしました鈴木義孝元代表による「創始70周年記念特別記念講演会」と5月13日(土)~14日(日)にかけて実施する「創始70少年記念千葉県教区本山帰山合宿」を予定しています。



 どちらの事業も、組織の一体感を醸成する取り組みとして行うものであり、この活動の中から金剛禅の教えを学び、同志相親しみながら教化育成の場として運用するものです。
 また、県教区としての研修会や小教区単位での研修会も数多く開催し門信徒の勉強の場を提供したいと考えております。

 さて、桜もだいぶ花開きそれぞれに新たな出発があり、一年の中で新年と同じく心機一転の志しを示す大事な月であると思っています。
 私の好きな中国の故事に「韓信の股くぐり」というものがあります。
「韓信」とは、漢の天下統一に功績のあった名将で、韓信が若い頃、町のごろつきに喧嘩を売られたが、韓信は大志を抱く身であったことから、ごろつきと争うことを避けて、言われるままに彼の股の下をくぐらされるという屈辱をあえて受けたという内容ですが、その後韓信は大成し、天下統一のために大活躍したという故事です。
将来に大望のある者は、目の前の小さな侮りを忍ぶべきという戒めであり、小さな怒りやトラブルに心をとらわれるのは、大きな志がないからである。
大きな夢や目標があるなら、韓信の股くぐりを座右の銘として小事にとらわれないように、肝に銘じることが必要である。
 とかく、新しいことや、改革というものを行うには何かと障害が付きものです。
しかし、志しを高く持ち、確固たる信念があれば自ずと自信や勇気や行動力がついてくるものです。
 今年度も、門信徒の皆さまのご協力の基、大いなる志しを持ち執行部一同金剛禅運動に邁進する覚悟でおりますのでよろしくお願いいたします。
合掌再拝



2017年4月1日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)
2017.04.01 08:03 | 固定リンク | 教区長法話

- CafeNote -