11月度 教区長法話
2018.11.14
合掌
 先月は各道院とも門信徒のみなさまと共に達磨祭を厳かに挙行されたことと思います。今月は機構改革が一応の収束を向かえましたので今一度原点に立ち返る意味も含めて機構改革の目的とその背景を確認してみたいと思います。
2006年に道院と併設支部の財政透明性向上と公益性向上にという目的の基、創始60周年を節目に、開祖の志しを貫徹するため「少林寺拳法の教えのもとに確固たる世界一流の幸福運動を展開するグループとなる」というビジョンを掲げ、グループ全体の在り方を見直す事業が始まりました。                       
その背景には、宗教団体の在り方を疑問視する世間の風が大きくなる中、政教分離の原則による
組織としての法令順守(コンプライアンス)があると思っています。     
開祖は1948年12月、宗教団体「黄卍教団」を設立し、始めから宗教団体として出発し少林
寺拳法を易筋行として捉えていたにも関わらず、それまでは宗教団体としての取り組みが不十分で
あったことも否めない事実であると考えます。         
そのため2007年以降「法人の区別化・独立性」「法令遵守」を掲げバリューアップ活動も立ち
上げ、グループ組織全体で門信徒の教化育成の点検と更なる充実に向けた事業が展開され、私たち
教区関係者も一丸となってその事業方針を推進してまいりました。   
以上のことから、この機構改革は、少林寺拳法グループの今と未来を守るための改革であり、決
して門信徒を増やすためを目的とした改革でないこと認識することが大事であると理解し、これか
らの教区研修会等をとおして理解活動に邁進したいと考えています。
そして、少林寺拳法グループの各団体それぞれの役割と連携に対しても偏った考えでなく組織と
して何一つ欠けてはいけないものとして、全体を俯瞰する眼を養う事も併せて理解していただくよ
うに努めたいと思っています。


                                                                 
 現在、道院拳士数(門信徒)減少というものが直面する大きな課題とされ取り上げられています。しかし反面、内容的には少人数でそれぞれの個性を充分に発揮できる充実した修行になっていることも事実です。また、少人数の中で金剛禅にどっぷりと浸かる時間を与えるのも門信徒への教化育成としての手段ともなり、この減少しているといわれる今こそが面授面授のいい機会ではないかとも思ったりしています。


                        
合掌再拝
2018年11月14日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)
2018.11.14 13:18 | 固定リンク | 教区長法話
千葉西部小教区  達磨祭・研修会
2018.10.16
10月14日(日)市川若宮道院において、千葉西部小教区 達磨祭を執り行いました。
道院長、支部長ならび門信徒等14名が集まりました。
導師を務めた小教区長 古谷 進(市川若宮道院)が、
祖師達磨大師に関する話をし、祖師の遺徳を偲び、
釈尊→達磨大師→開祖→宗由貴師家と、道灯を滅することなく次世代に引き継ぐ意義を語りました。



奉納演武は、今月27日、28日に行われる全国大会に出場する松本、後藤(マスターズ)が披露。



達磨祭を挙行した後は、小教区研修会も実施
講義テーマは、「宗教の諸形態」(少導師の履修科目 B-2 )
講師の講義のあとは、受講者同士での活発な討議、宗教がテーマとあって、要点整理も濃いものに。



易筋行では、DVDを資料に技の確認、最後は、疲れが残らないよう十分なストレッチで体を調整して散会。


2018.10.16 10:01 | 固定リンク | 行事紹介
10月度 教区長法話
2018.10.09
合掌
 金剛禅門信徒にとって10月は、達磨祭の月です。
この達磨祭は、皆さんご存知のとおり達磨大師の命日とされている10月5日、またはその前後に毎年挙行されています。
祖師達磨大師を礼拝し、大師の命日にちなみ、その遺徳を偲ぶとともに門信徒の一人一人がいっそう拳禅一如の修行に精進し、「達磨の子」として自己を確立し、真の強さとやさしさを備えた人間になることを、大師の前に誓うための大切な儀式です。
この達磨祭は、開祖忌法要と並ぶ大事な金剛禅の儀式となりますので各道院、小教区に於いて門信徒の皆さま全員参加での挙行をお願いいたします。
 さて、先般師家講話の中で2025年問題を踏まえ、先(将来)をイメージした少林寺拳法の在り方について述べられていました。
社会の変化に対応する危機意識を持って、護身術的見識の中から物事を判断し感性を磨きその中から将来の少林寺拳法の姿をイメージするという事を投げかけられていました。
昨今、武専の学生数の激減や道院門信徒の伸び悩み等の課題が多く寄せられています。現実、道院門信徒の高齢化が進んでいる中で少年部門信徒の拡大に対する取り組みが必須のテーマであるといっても過言ではありません。
将来を見据えた少年部の育成こそがこれからの金剛禅に課せられた使命であると考えます。金剛禅の教えと技法を工夫し、如何に子供たちに喜んでもらい、養行として浸透させ、道院の指導者となるまで大事に教化育成するスキルを道院幹部指導者が身につける必要があります。
子供たちにとって、居心地のいい道院にならなくてはなりません。
開祖が釈尊の正しい教えと達磨大師の行を日本人に合わせた形にアレンジし易筋行として金剛禅を建立した様に今はそのような変革の過渡期に来ているのかもしれません。
高齢者だけの道院にならないためにも今からそれぞれ危機感をもって行動しなくてはなりません。
千葉県教区行事として、今年度も11月25日に千葉宮野木道院をお借りして女性拳士交流会を開催します。今回も、小野寺先生の楽しいお話とマジックを予定しています。
子供たちへのアプローチ方法としても十分に活用できると思いますので是非ご期待して頂き、小学生を含めた大勢の皆さんにお越し頂きたいと思っています。




合掌再拝
2018年10月9日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)


2018.10.09 07:14 | 固定リンク | 教区長法話

- CafeNote -