千葉松尾道院の達磨祭のお知らせ
2016.10.02
10月になり、各地で達磨祭が執り行われる季節となりました。

千葉松尾道院でも
来週、10月8日(土曜日)に達磨祭を予定しております。

時間は20:00~

・会場:千葉松尾道院専有道場

・服装:道衣 (お持ちの方は袈裟、法衣)

・進行:達磨祭の式次第に則り行います。
※僧階教本に式次第・挙行要領が記載されています。
※僧階をお持ちの拳士は確認しておいてください。

・演武:組演武二組が行われます。

近隣の拳士で、参列を希望される方は、
千葉松尾道院長 徳間 富夫先生
もしくは、
山武松尾スポーツ少年団 塚本 真 部長まで
お問い合わせください。

※達磨祭とは

達磨大師は、いまからおよそ1500年前に、
インドから中国河南省の嵩山少林寺に渡り、
釈尊の正しい教えと、その行法(座禅行・易筋行=拳法)を
伝えたという人物で、金剛禅総本山少林寺の本尊でもあります。
達磨祭は、その祖師達磨大師の命日(10月5日)の前後に、
達磨大師を礼拝し、その遺徳を偲んで法要を行うと共に、
拳士一人ひとりがいっそう拳禅一如の修行に精進し、
「達磨の子」として七転び八起き、不撓不屈の精神と
本当の強さとやさしさを身につけることを互いに誓い合う行事です。


『達磨大師は禅宗の始祖「七転八起」「インド武術」の達人でした。思想的にも
「二入四行論」の書物が有名です』(徳間先生の解説)

2016.10.02 06:07 | 固定リンク | 行事紹介

- CafeNote -