12月度 教区長法話
2016.12.01
今年もあと一か月を切り、何かと気ぜわしい時期になってまいりました。健康第一で師走を乗り切りたいと思います。
千葉県教区の目玉行事でありました高段者向け技術講習会を兼ねた千葉県教区研修会が11月20日(日)に開催され、30名を超える受講者があり成功裏に終了することができました。
受講していただいた門信徒の皆様には普段なかなか修練できない奥義とも言える技術をたっぷりと時間をかけて勉強していただき、大満足との感想を頂くことができ、執行部一同ほっとしているところです。
 これからも、門信徒の皆様のニーズにこたえるため日々努力を積んでいきたいと考えていますのでご期待願いたいと存じます。

 さて、世界では、米国大統領選挙のサプライズ選挙結果に余韻が醒めやらぬ中、株価は乱高下し米国内でも選挙が終わればノーサイドとは行かず、各地でデモが続くなど、まだまだ混乱が続きそうな状態にあります。このように分断された米国社会を、どうやって再びユナイテッドの旗の基に一つにしていくかが、新大統領の最大の課題であることに私たちの関心が集まっています。
 また、韓国では大統領の解任問題に大きな国民の怒りの渦が高まり毎日のようにデモが繰り返されています。
 どちらも、最高指導者への期待と失望感の交錯の中から生まれてくる国民感情が熱く伝わってくる気がしてなりません。
 決してデモがいいとは言いませんが、自分たちの考えや主張を同志とともに声を挙げて訴えることのできる環境や自由さに平和を感じることがあります。

 開祖が、「悪いことは悪い。いいことはいい。とはっきりものを言える人間になれ」と檄を飛ばされていました。ややもすると事なかれ主義が美徳のような風潮がまかり通っている日本の社会では、今はなじめない世界の時事となっているのかもしれません。

 思いを熱く語れる仲間を周りに一人でも多く集め、また語れる場を提供し金剛禅の輪をますます広げたいと思います。

2016年12月1日
千葉県教区長 森 久雄


2016.12.01 06:58 | 固定リンク | 教区長法話

- CafeNote -