開祖忌法要と教区帰山
2017.05.18
合掌
 毎年この時期は開祖忌法要を挙行する月間となっています。
 門信徒のみなさんはご存知と思いますが、開祖道臣禅師は1911年(明治44年)2月10日の生まれです。
1980年(昭和55年)5月12日、69歳で入滅され今年で生誕106年となります。
 私たちは、法縁に恵まれ開祖道臣禅師の建立した金剛禅総本山少林寺の門を叩き入門を許され門信徒として開祖道臣禅師の教えを享受し今日の生活を営んでいるといっても過言ではないと思います。
 年に一度の宗門の行事として、開祖道臣禅師の思いと、私たち門信徒の現在の思いと行動を足元(脚下照顧)から見つめなおす絶好の機会と捉えてみるのも良いと思います。




 さて、5月14日に総本山で挙行されました開祖忌法要に千葉県教区として16名の門信徒の方が参列いたしました。



これは以前からご案内していた創始70周年を記念した、千葉県教区本山記念帰山の2日目の日程の中で行われたものです。
 道院での開祖忌法要と違い、本山で営まれる雰囲気は独特のものがあり厳粛さに圧倒される中、各自献香を行いその後、大澤代表の法話を印象深く拝聴し特に「時間というものとのかかわり方」について新鮮な気持ちで受け止めることが出来たようです。
 また、開祖霊廟での献香は初めての参加者にとっては大変感慨深い思い出となったようでした。







合掌再拝

2017年5月18日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)
2017.05.18 20:21 | 固定リンク | 教区長法話

- CafeNote -