11月度教区長法話
2017.11.08
合掌
11月3日・4日・5日と本山で「ブルースカイキャンパスin多度津」が開催され、晴天に恵まれ千葉県と本山の空が一体となり、まさにブルースカイキャンパスそのものでした。
今年は少林寺拳法70周年のテーマ「架け橋たれ」を基に、いろいろなイベントや式典が催されてきて、改めて人と人のつながりの大切さをかみしめる機会となったことと思います。





開祖は、「人は他人とのかかわりあいの中で自分の存在価値を感じ、人と人とのつながりの中から人間は成長する。だから世の中をよくするには、自分の幸せも考えるが相手の幸せも考えるような、そんな人間を増やす以外にないということを私はみつけた」(宗道臣語録より)と説かれている様に、相手が在るから自分が存在するという理念、諸法無我(相対的なものの見方)の教えです。そして、金剛禅の教えは、人間は人々との「縁」によって変えられ、変わっていく存在であるから自分は必ず変えられると信じて、良くなろうと努力することを怠らず、多くの人々との「縁」を大切にし、人の為にすすんで奉仕する行為を実践することであり、これが金剛禅の修行を通した布教の在り方です。
さて、千葉県教区では11月19日(日)に千葉宮野木道院専有道場をお借りして「少林寺拳法創始70周年記念」女性拳士研修会(交流会)を開催します。
実技では「女性を主体とした護身術としての易筋行」をわかりやすい解説と実体験をもとに行います。
講義についても、少導師の履修科目「金剛禅の教典の意義」を日常生活に活かせる金剛禅の教えを具体的な実践例をもとにお話しして頂きます。
また、グループディスカッションではテータイムとして、お茶を飲みながら女性目線での「易筋行の在り方」や「家庭と少林寺拳法の両立」等、日常の体験談や疑問点について楽しく語り合う時間を共有したいと考えています。
進行もすべて女性拳士の方が進めますので、小学生から一般の拳士まで今からでも間に合いますのでぜひとも参加して頂き、人と人との「縁」を持ちその中から少しでも人生に役立つ「気づき」があれば幸いと思っています。
益々寒さも厳しくなります。門信徒のみなさまにおかれましては内修、外修ともバランスよく修行し体調維持に努めていただきたいと存じます。

合掌再拝
2017年11月6日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)
2017.11.08 06:37 | 固定リンク | 教区長法話

- CafeNote -