魅力ある道院長たち 第五回 坂倉誠一郎先生(千葉南道院)
2017.12.01
千葉南道院

■道院長プロフィール
・氏名:坂倉誠一郎(さかくら せいいちろう)



・生年月日:1963年(昭和38年)11月29日生まれ(53歳)
・出身地:千葉市
・現居住地:千葉市
・家族構成:妻・長男・次男(息子は就職で市川在住)
・拳歴:
【所属歴】
1982年(昭和57年)4月:大阪産業大学少林寺拳法部に18歳で入会(397期)
1991年(平成 3年)12月:東大阪中央道院に転籍
1992年(平成 4年)2月:千葉南道院 運営許可
2002年(平成13年)3月:千葉武専研究科卒業
現在:正範士七段、大導師

・趣味:特になし
・特技:特になし
・職業:会社役員


◾️道院長になったきっかけ
大学卒業後、就職の関係で地元千葉へ帰郷しました。結婚を機に師匠に相談し、千葉の先生方にご挨拶をさせていただき、道院を設立させていただきました。

◾️道院の特徴・雰囲気
現在の拳士構成は、一般部8名です。組織改革により、息子がスポーツ少年団を設立したので、一般拳士は道院、少年拳士はスポーツ少年団の所属になっています。
私も一家で拳士ですが、親子・兄弟拳士が多いです。しかしながら、子どもは成長し進学・就職していく中で、修練から遠のいてしまいますが、親は継続しています。子どもの近況を聞きながら成長を喜び、親も子も少林寺拳法を一つの支えとしてくれていることに喜びを感じています。



◾️指導方針
少林寺拳法の「修行の心得」を常に意識して、無理のないような活動を心掛けています。修練は、技の系統や動作の意味など柔法・剛法共に基本を常に意識しながら行っています。また、少林寺拳法の教えや技の修練の仕方が、社会生活の中で全てに相通じるものであるということを気付かせるような指導を心掛けています。

◾️どんな道院を目指しているか
生きていくための自信、「いざ」という時に何とかなるという自信の裏付けになるような活動を目指しています。いろいろなものが進化・退化している中で、原点を忘れず、基本を忘れず、拳士の視野が広がっていき、生きていくための刺激を与え続けられればと思います。



◾️自分の好きな開祖の言葉
「それもそうだが、それがすべてではない」
いままで生きてきた中で、いろいろな思いがありました。いろいろな人がいて、いろいろな意見があり、共鳴できることもあればできないこともあり、その中で自分の意見もあります。人は「自分の意見をはっきりさせろ」と言い、自分でもそうしてきた経緯はありますが、あちらの意見も分からないではないな、等々、気持ちの中ではっきりしない時期がありました。その時にこの言葉を目にして、「ひとつに決めなくていい」と思い、いろいろな意見が交差している状況を認めればいいのだと思った途端、一気に思いが晴れました。「調和」を象徴する言葉だと思います。


◾️道院概要
・道院名称:千葉南(ちばみなみ)道院
・設立:1992年(平成4年)2月
・専有道場:千葉市緑区おゆみ野3-14-7-403
・修練日:日曜日19:30~21:00
・連絡先:043ー292ー2144
2017.12.01 08:38 | 固定リンク | 道院長紹介

- CafeNote -