2019年3月度 教区長法話
2019.03.12
合掌
3月も半ばになり、お仕事を持たれている皆様は何かと気ぜわしい時期になっているのではないでしょうか。斯く言う私もまだ会社勤めをしていますので年度末の残務整理に追われ慌ただしくしていますが、道場の修練時間までにはピッタリと間に合わせるよう業務を調整しています。この仕事の片づけ方は長年の修練の賜物と自負しているところです。
さて、掲載の遅れた言い訳はこのくらいにして、2018年度の活動について少し振り返って見たいと思います。
今年度の活動については皆さまのご協力とご支援により充実した県教区活動を展開することができました。心より感謝申し上げます。
振返ってみますと、今年度の目標を社会状況の変化に柔軟に対応できる、活力ある教区活動を展開するため、門信徒の教化育成に重点を置き研修活動等を中心に活動してきました。
特に道院長を補佐し活力ある柔軟な行動力を持った、助教・幹部拳士や女性拳士を育成するため、「対話の中から気づきが生まれる研修会」として開催してまいりました。
結果として、道院長への意欲が高まり、道院長候補に繋がる方も若干出てきていますので、教区としても全面的にバックアップをしていきたいと考えています。
また、大導師補任も今年度から次年度にかけて数名の方が補任講習会に向けて準備をしているところです。以上の事から、教区の地道な活動の成果が少しずつ現れている気がいたします。
引き続き教化育成活動の推進による力強い道院活動の展開を支援するため、県教区と小教区更に、道院と連携した研修活動を推進し布教の原点となる道院単位の儀式や行事をサポートしより充実した教化育成活動の展開を図りたいと考えています。



少林寺拳法グループの機構改革が終盤を迎える中、専有道場等の外観は整いつつありますが内面
的には宗教団体としての認識がまだまだ不十分であると思っています。
基本的には道院での儀式行事を通した、地道な道院布教活動が大事であると考えますが千葉県教区内の道院長の教団としての意識に温度差があることも否めない事実です。教区としてできることは門信徒同志の易筋行を通した人と人の交流からなる楽しさや、金剛禅教学を学ぶ楽しさを享受することにあると思っています。
 千葉県教区としては、これからも単なる研修会の開催ではなく趣向を凝らした開催を実施します。
特に次年度は、企画部会を立上げ綿密でより充実した教区活動を展開したいと考えています。

2019年3月10日 千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院)
2019.03.12 14:27 | 固定リンク | 教区長法話

- CafeNote -