2月度 教区長法話
2019.01.31
合掌
1月27日に本山教師片岡先生をお迎えし、本山公認千葉県教区講習会を開催しました。



先生のユーモアあふれる講義に受講者のみなさん方は、リラックスした気持ちで受講できたとの感想とともに、この時代を俯瞰した中でこれからの金剛禅布教の在り方について、教義に沿った形であればそれぞれが考え試行錯誤しながら、「なんでもありの活動をしてみては」とのことばに受講者のみなさん方に「気づき」が生まれたようです。











講習会終了後の懇親会(新年会)でモチベーションが高揚し大変盛り上がっていました。
これからも千葉県教区役員一体となって活動がさらに飛躍できる様頑張りたいと思っていますので今後ともみなさま方のご協力をよろしくお願い申し上げます。



さて、昨今のアジア情勢は経済のみならず、軍事的な脅威の真っただ中にあります。
開祖が唱えた、「アジアの平和なくして世界の平和は無い」との意味を改めて深く認識せざるを得ない状況に於かれています。特に、軍事防衛については強硬な路線を叫ぶ風潮が出てきているようです。
 私たちは、このような時こそ真の平和達成のために個人がするべき行動や手段を慎重に選ばなければなりません。周囲の話題や情報に流されるのではなく、自己の意志としての状況判断の基、考え方をまとめなければなりません。

それは、道院という布教の場で門信徒に正しい判断による伝え方が必要とされているからです。
 道場布教の原点ともいえる金剛禅の目的である「平和で豊かな理想境」の建設に少しでも近づける努力をしなくてはならない時であると思っています。



 そして、また昨今の超少子高齢化による対策として、外国人の就労問題が国会で大きく取り上げられています。働く人の激減を予想して2025年問題化取り上げられ、総裁も危機意識について繰り返し説かれていましたが、いよいよ現実味を帯びてきました。
昨年の3月末に2045年問題が発表され、更に深刻な状況に陥るとの総務庁の調査結果が公表されていました。
 人生100年と謳われるようになっていていますが、問題は健康で自活できる年齢です。寝たきりはなく、健康でいられる年齢が大事となります。
 その健康寿命に私たち、少林寺拳法としてどのような取り組みができ、また貢献することの重要性がすでに問われています。特に高齢化時代と外国人就労者の増加を見越した道院でのグローバルな布教や易筋行の在り方も変化工夫をせざるを得ない時期に来ています。
  開祖が、日本人に合う形に工夫し「釈尊の正しい教え」と「達磨の行」を少林寺拳法の「行」として「金剛禅総本山少林寺」建立してから、創始72年目を迎えた現在、社会の状況を踏まえ「行」としての修行の在り方やその方法に変化が求められる時期であるとも考えられます。
開祖がアレンジした様に、変化(諸行無常)も「あり」と思っています。教えそのものの変化ではなく、布教に対する手法の変化が求められます。
機構改革も専有道場等の設置等が完了し外見的には終盤に入りましたが、布教者である我々の内面の改革はいまだに不明未達です。
いくつかの課題は散見されますが、教区としてのやるべき教化育成に邁進し確実な一歩を踏み出せるよう日々精進したいと考えています。



2019年2月1日 千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院)
2019.01.31 17:50 | 固定リンク | 教区長法話
新年のご挨拶(1月度 教区長法話)
2019.01.02
2019年 新年のごあいさつ



合掌
2019年元旦にふさわしい、清々しい初日と共に新年を迎え誠におめでとうございます。
千葉県教区門信徒のみなさまもそれぞれに良い新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
 年頭、2019年道院長勤続表彰受賞の先生方が発表されましたのでみなさまにご披露申し上げます。
「勤続45年表彰」
銚子道院 鈴木 敏道道院長 ・市川道院 太田 孝一道院長 ・船橋東道院 萩原 俊次道院長
「勤続35年表彰」
  市川東道院 古内 宏明道院長 ・千葉清見台道院 伊藤 幸治道院長 
・木更津東清道院 中村 清道院長
「勤続30年表彰」
 市原有秋道院 鎌倉 幸雄道院長 ・千葉鴨川道院 小原 利男道院長
以上8名の先生方には長年にわたる斯道の振興に寄与された功績に対し心より敬意を表すとともに受賞にご祝福申し上げます。
 
さて、千葉県教区では2018年を少林寺拳法創始70周年から第1歩を踏み出す年として門信徒のみなさまと共に有意義であり、心に残る年にしたいとの目標を掲げ、道院幹部拳士との交流研修会を一泊二日の日程で開催し、これからの金剛禅修行のあるべき姿を金剛禅の僧(同志)として模索することができた貴重な時間を共有することができました。特に、内修と外修の調和をそれぞれが「生きる力」としていかに実生活の中に活かすことができるかが大きな課題として掲げられました。
その様なことから今回は、初心に原点回帰し「行」としての内修の教えを鎮魂行の中から体得体感できるような心構えを述べさせていただきたいと思います。
鎮魂行は、金剛禅における「内修」の実践のひとつです。教典を唱えて教えに心を向け、その内容を心に刻み、自らの行いを省みる持戒、反省の行でもあります。ですから、意味も解さずに、ただ唱えれば良いというものではありません。また、一同で教典を唱和することが、同じ道を歩む同志であるという意識の形成にもつながりますので、拳士以外でも唱和の内容を聞き取れる速度と明瞭な発声を心掛ける必要があります。発声は大きすぎない声、抑揚をつけない、区切りで途切れない、溜めないなどに注意が必要です。
教典には、我々が目指すべき目的地と、そこへ向かうための道筋と、そのための実践行動の在り様が、具体的にかつ明確に示されています。よって、誰のためでもなく、自分自身に唱え聞かせるためのものです。そして、調息して身心の統一を図り、のちの易筋行の修練に備える「行」なのです。
今年も内修、外修の調和を目指した修練の中から何かを掴み、感じとり、少しでも良い人生の糧となれる修行に心がけたいと思っています。
合掌再拝
2019年 元日 
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)
2019.01.02 16:40 | 固定リンク | 教区長法話
12月度 教区長法話
2018.12.13
合掌
 今月も投稿が遅れまして誠に申し訳ありません。まずはお詫び申し上げます。
 昨今、気温の変化が激しすぎて私の体調もついていくのがやっとという感じです。
木枯らし一号の吹かないまま師走に入ってしまいましたが、皆様方も風邪などひかないように健康管理に努めていただきたいと存じます。
 さて、11月24日に開催しました千葉県教区女性拳士交流会に於きましては、多数のご参加をいただきありがとうございました。
 講義の中で、「こころに残る開祖のことば」を講師の小野寺先生ご自身の感得した思いを述べていただきました。私自身も心に感銘するところが多くありましたのでこの場をお借りして少し私の思いも含めてお伝えさせていただくことにいたします。
三法印(諸行無常・諸法無我・涅槃寂静)に対する金剛禅との共通点について大変わかりやすくご説明されていました。
仏教でいう諸行無常は、形あるものはそこにとどまらず常に変化する。と説かれています。金剛禅においても「自己確立」という形で自己を易筋行修練の中から自己のあり方を変化させ常に漸々修学の心で変化を求め邁進することを説いています。そして、諸法無我に於いては、自己を相対的に見ることを説いています。たとえば、「子どもが存在することによりお母さんが存在する」といったように、相手がいてはじめて自分の存在を証明できるという教えです。このことを金剛禅では、「自他共楽」と説いています。「半ばは我が身の幸せを、半ばは他人の幸せを」というように相手を認めることにより自己の存在価値を表現でき、一人(単独)では生きられないという事を説いています。
さらに仏教では、諸行無常と諸行無常の境地に至れば、迷いから解放され涅槃寂静の世界に到達する。と説いています。
金剛禅でも同じように、自己を確立し、自他ともに相手の存在価値を認めること(自他共楽)により、物心ともに平和で豊かな理想の世界(境)を建設することが出来るという事です。
私たちは、日々の生活の中から自己確立や自他共楽の教えに接することが多くあります。
自己の感性を研ぎ澄まし金剛禅の三法印を自己の中で確立し、自己の中で理想境建設(涅槃寂静)を成就させることによりこれからの人生観が大きく変わっていくことと思っています。
行住坐臥(ぎょうじゅうざが)という禅語で表されているように、「行く」「止まる」「坐る」「横になる」の日常生活のすべてのあらゆる行動の中に、その時その時に応じた金剛禅のあるべき姿を具現しすべてが一貫した修行の延長であると認識しています。
今回、この研修会で仏教と金剛禅の共通点をわかりやすく講義していただきましたことに感謝申し上げます。
2018年も残すところ後わずかです。新年に新たな思いを馳せ実り豊かな年となることをご祈念申し上げます。
 本年は、みなさま方には大変お世話になりありがとうございました。
合掌再拝
2018年12月13日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)
2018.12.13 10:30 | 固定リンク | 教区長法話
11月度 教区長法話
2018.11.14
合掌
 先月は各道院とも門信徒のみなさまと共に達磨祭を厳かに挙行されたことと思います。今月は機構改革が一応の収束を向かえましたので今一度原点に立ち返る意味も含めて機構改革の目的とその背景を確認してみたいと思います。
2006年に道院と併設支部の財政透明性向上と公益性向上にという目的の基、創始60周年を節目に、開祖の志しを貫徹するため「少林寺拳法の教えのもとに確固たる世界一流の幸福運動を展開するグループとなる」というビジョンを掲げ、グループ全体の在り方を見直す事業が始まりました。                       
その背景には、宗教団体の在り方を疑問視する世間の風が大きくなる中、政教分離の原則による
組織としての法令順守(コンプライアンス)があると思っています。     
開祖は1948年12月、宗教団体「黄卍教団」を設立し、始めから宗教団体として出発し少林
寺拳法を易筋行として捉えていたにも関わらず、それまでは宗教団体としての取り組みが不十分で
あったことも否めない事実であると考えます。         
そのため2007年以降「法人の区別化・独立性」「法令遵守」を掲げバリューアップ活動も立ち
上げ、グループ組織全体で門信徒の教化育成の点検と更なる充実に向けた事業が展開され、私たち
教区関係者も一丸となってその事業方針を推進してまいりました。   
以上のことから、この機構改革は、少林寺拳法グループの今と未来を守るための改革であり、決
して門信徒を増やすためを目的とした改革でないこと認識することが大事であると理解し、これか
らの教区研修会等をとおして理解活動に邁進したいと考えています。
そして、少林寺拳法グループの各団体それぞれの役割と連携に対しても偏った考えでなく組織と
して何一つ欠けてはいけないものとして、全体を俯瞰する眼を養う事も併せて理解していただくよ
うに努めたいと思っています。


                                                                 
 現在、道院拳士数(門信徒)減少というものが直面する大きな課題とされ取り上げられています。しかし反面、内容的には少人数でそれぞれの個性を充分に発揮できる充実した修行になっていることも事実です。また、少人数の中で金剛禅にどっぷりと浸かる時間を与えるのも門信徒への教化育成としての手段ともなり、この減少しているといわれる今こそが面授面授のいい機会ではないかとも思ったりしています。


                        
合掌再拝
2018年11月14日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)
2018.11.14 13:18 | 固定リンク | 教区長法話
10月度 教区長法話
2018.10.09
合掌
 金剛禅門信徒にとって10月は、達磨祭の月です。
この達磨祭は、皆さんご存知のとおり達磨大師の命日とされている10月5日、またはその前後に毎年挙行されています。
祖師達磨大師を礼拝し、大師の命日にちなみ、その遺徳を偲ぶとともに門信徒の一人一人がいっそう拳禅一如の修行に精進し、「達磨の子」として自己を確立し、真の強さとやさしさを備えた人間になることを、大師の前に誓うための大切な儀式です。
この達磨祭は、開祖忌法要と並ぶ大事な金剛禅の儀式となりますので各道院、小教区に於いて門信徒の皆さま全員参加での挙行をお願いいたします。
 さて、先般師家講話の中で2025年問題を踏まえ、先(将来)をイメージした少林寺拳法の在り方について述べられていました。
社会の変化に対応する危機意識を持って、護身術的見識の中から物事を判断し感性を磨きその中から将来の少林寺拳法の姿をイメージするという事を投げかけられていました。
昨今、武専の学生数の激減や道院門信徒の伸び悩み等の課題が多く寄せられています。現実、道院門信徒の高齢化が進んでいる中で少年部門信徒の拡大に対する取り組みが必須のテーマであるといっても過言ではありません。
将来を見据えた少年部の育成こそがこれからの金剛禅に課せられた使命であると考えます。金剛禅の教えと技法を工夫し、如何に子供たちに喜んでもらい、養行として浸透させ、道院の指導者となるまで大事に教化育成するスキルを道院幹部指導者が身につける必要があります。
子供たちにとって、居心地のいい道院にならなくてはなりません。
開祖が釈尊の正しい教えと達磨大師の行を日本人に合わせた形にアレンジし易筋行として金剛禅を建立した様に今はそのような変革の過渡期に来ているのかもしれません。
高齢者だけの道院にならないためにも今からそれぞれ危機感をもって行動しなくてはなりません。
千葉県教区行事として、今年度も11月25日に千葉宮野木道院をお借りして女性拳士交流会を開催します。今回も、小野寺先生の楽しいお話とマジックを予定しています。
子供たちへのアプローチ方法としても十分に活用できると思いますので是非ご期待して頂き、小学生を含めた大勢の皆さんにお越し頂きたいと思っています。




合掌再拝
2018年10月9日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)


2018.10.09 07:14 | 固定リンク | 教区長法話

- CafeNote -