2月度 教区長法話
2017.02.04
合掌
 1月もあっという間に過ぎ去り2月3日の節分の日を迎えました。
 節分とは本来、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日を指し、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に、1年に4回あったものだそうです。ところが、日本では立春は1年のはじまりとして、とくに尊ばれたため、次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったとの事でが、仏教界では「節分会」(せつぶんえ)として行うところもあるそうです。
 日本人の文化の中にすっかり溶け込んだ感じの節分会ですが、最近では「福は内、鬼は外」の豆まきよりも、黙ってほお張る「恵方巻」の方に人気が高まっているようで、日本人の宗教文化に垣間見る一抹の寂しさを感じている今日この頃です。

さて、先月もご案内しましたが、少林寺拳法創始70周年の幕開けとしてSHORINJIKEMPOUNITY顧問・金剛禅総本山少林寺元代表の鈴木義孝先生をお迎えして「開祖の伝えようとしたことと、これからの金剛禅」をテーマに開催される千葉県教区「特別講演会」に是非とも門信徒の皆さまのご参加をお願いいたします。

講演会の中で、鈴木先生と開祖との魂の触れ合いの中から感じ取った心と心の思いや触れ合いを大いに語っていただくとともに、質疑応答の時間を設けましたので日頃の疑問や今後の取り組み方について「気づき」を発見できることと思います。

その「気づき」によって人は変われるはずです。自分から変わろうとする勇気をもって絶えず変化する、一切衆生悉有仏性としての自己(じぶん)を信じ共に歩み続ける「道」を更に広げたいと思います。


合掌再拝

2017年 2月4日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)

2017.02.04 21:24 | 固定リンク | 教区長法話

- CafeNote -