千葉北部小教区 達磨祭・小教区研修会
2017.10.24
毎年、達磨大師の祥月(忌月)である10月に行われる「達磨祭」。

千葉北部小教区では、10月21日に、
野田市(千葉野田道院)、流山市(流山北道院、流山道院)、柏市(船橋東道院と旧千葉沼南道院)、そして我孫子市(我孫子道院)の4市5道院の道院長、拳士が集まり、
合同の達磨祭を我孫子道院専有道場で執り行いました。

二入四行論で、理入と行入を説いた達磨の教えに従って、
この日は儀式だけでなく、小教区研修会を最初に行い、
千葉県教区 教区長の森先生の講義を拝聴。



テーマは「金剛禅の各種儀式の趣旨」で、
討議も行い、儀式の重要性についての理解を深めました。

続いて、少年部の拳士も加え、達磨祭を開催。



恒例の「ダルマ受身」も行って、「七転び八起き」の実践も!



最後に易筋行の時間もしっかり設けて、拳禅一如の達磨の行法で、身心を練磨する一日となりました。




2017.10.24 20:25 | 固定リンク | 行事紹介

- CafeNote -