10月度 教区長法話
2018.10.09
合掌
 金剛禅門信徒にとって10月は、達磨祭の月です。
この達磨祭は、皆さんご存知のとおり達磨大師の命日とされている10月5日、またはその前後に毎年挙行されています。
祖師達磨大師を礼拝し、大師の命日にちなみ、その遺徳を偲ぶとともに門信徒の一人一人がいっそう拳禅一如の修行に精進し、「達磨の子」として自己を確立し、真の強さとやさしさを備えた人間になることを、大師の前に誓うための大切な儀式です。
この達磨祭は、開祖忌法要と並ぶ大事な金剛禅の儀式となりますので各道院、小教区に於いて門信徒の皆さま全員参加での挙行をお願いいたします。
 さて、先般師家講話の中で2025年問題を踏まえ、先(将来)をイメージした少林寺拳法の在り方について述べられていました。
社会の変化に対応する危機意識を持って、護身術的見識の中から物事を判断し感性を磨きその中から将来の少林寺拳法の姿をイメージするという事を投げかけられていました。
昨今、武専の学生数の激減や道院門信徒の伸び悩み等の課題が多く寄せられています。現実、道院門信徒の高齢化が進んでいる中で少年部門信徒の拡大に対する取り組みが必須のテーマであるといっても過言ではありません。
将来を見据えた少年部の育成こそがこれからの金剛禅に課せられた使命であると考えます。金剛禅の教えと技法を工夫し、如何に子供たちに喜んでもらい、養行として浸透させ、道院の指導者となるまで大事に教化育成するスキルを道院幹部指導者が身につける必要があります。
子供たちにとって、居心地のいい道院にならなくてはなりません。
開祖が釈尊の正しい教えと達磨大師の行を日本人に合わせた形にアレンジし易筋行として金剛禅を建立した様に今はそのような変革の過渡期に来ているのかもしれません。
高齢者だけの道院にならないためにも今からそれぞれ危機感をもって行動しなくてはなりません。
千葉県教区行事として、今年度も11月25日に千葉宮野木道院をお借りして女性拳士交流会を開催します。今回も、小野寺先生の楽しいお話とマジックを予定しています。
子供たちへのアプローチ方法としても十分に活用できると思いますので是非ご期待して頂き、小学生を含めた大勢の皆さんにお越し頂きたいと思っています。




合掌再拝
2018年10月9日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)


2018.10.09 07:14 | 固定リンク | 教区長法話

- CafeNote -