金剛禅総本山少林寺公認 東京都教区講習会開催のご案内
2015.10.20
千葉県教区の行事ではありませんが、東京都教区から、
「金剛禅総本山少林寺公認 東京都教区講習会開催のご案内」
をいただきましたので、千葉県の皆さんにもお知らせします。

※東京都教区主催の講習会ですが、
 県教区長・県連理事長の承認を得れば千葉県内の道院・支部に所属する拳士の受講も可能です。

なお、この講習会の受講者は本山講習会の受講と同様、武階・法階の受験条件である「対象講習会」受講として認定され、講義テーマの認定条件次第では、僧籍編入者には僧階レポートの履修認定も受けられます。
受講対象者は門信徒に限りませんので、武専コースに在籍されていない一般財団法人少林寺拳法連盟の会員が受講されると、次回昇格の際、法階の允可を受けることも可能になります。
※実技の講習も、2時間半予定されています。

日時、会場、申し込み等は下記の通りです。

                記

1. 主    催  金剛禅総本山少林寺 東京都教区

2. 日    時  2015年12月6日(日) 午前9時20分開会 午後4時15分閉会

3. 会    場  墨田区総合体育館 住所:墨田区錦糸4-15-1錦糸公園内
            最寄駅:錦糸町駅(徒歩3分)JR総武本線または東京メトロ半蔵門線

4. 受講対象者   都内在籍一般拳士及び関東地区内(千葉・神奈川・埼玉・山梨・群馬・栃木・茨城)
            在籍の一般拳士で、県教区長・県連理事長・委員長の承認を得た拳士。

5. 本山派遣講師  現在調整中です。

6. 地元 講 師  現在調整中です。(講師は決まりしだい小教区長を通じてご連絡いたします。)

7. 講義 科 目  法階テーマ  3-2 金剛禅の修行法
            僧階テーマ  H-3 道場布教の実践 (中導師履修科目)
                   B-2 宗教の諸形態  (少導師履修科目)

8. 受講者 定員   200名

9. 会費・締め切り  5.400円/人 2015年11月20日(金)まで申し込み・納入ください。

10. 会費 納入先   郵便局に有る払込取扱票にて。 口座名:記号00110-7番号502141
             加入者名 金剛禅総本山少林寺東京都教区 へお願いいたします。

11. 日    程   9:20 開会 整列点呼 ~ 鎮魂行 ~ 日程説明・講師紹介
             10:00 講義①  ~11:00講義②  ~ 昼食休憩
             13:30 易筋行  ~16:00
             16:00 本山派遣講師講評 ~ 点呼  16:15 閉会 解散

12. 申込     千葉県の拳士は、申込書に県教区長もしくは県連理事長の署名捺印が必要です。
           参加希望者は、11月8日の千葉武専開催日までにお申し出ください。 

※ なお、上記の講習会は、12月度の千葉武専と日程が重なっております。ご注意ください。
2015.10.20 18:34 | 固定リンク | 行事紹介
千葉県教区達磨祭を実施しました
2015.10.19
10月17日(土)、
千葉県教区が主催するかたちでは、はじめての達磨祭を執り行いました。

ふたを開けてみるまで、何名の拳士が集えるのかわからず不安もありましたが、
開式30分前の13時頃から、会場となった我孫子道院の専有道場に、県内各地から諸先生方、そして各道院の幹部拳士の方々がお見えになり、最終的には、12の道院支部から、8名の所属長を含む、35名の拳士をお迎えして、挙行することができました。



達磨祭の儀式は、
予定通り13時30分から、
開式の辞にはじまり、
・導師献香
・全員により教典唱和
・導師による祭祀奉読
・門信徒献香

(門信徒献香 小倉先生)

・一同礼拝
に続き、
千葉県教区 森教区長による導師法話



導師法話では、
達磨祭にふさわしく、達磨大師と少林寺拳法の関係、達磨の伝えた行法と、それを現代に活かす、この道=少林寺拳法を行ずることの意味を説かれ、拳士の修行目的を改めて確認いたしました。

そして最後は、近藤英樹先生による錫杖伝の奉納演武で締めくくっていただき、金剛禅の行事らしく、簡素にして厳粛に儀式を終了することができました。



(錫杖伝の奉納演武)



(ご参列いただいた先生方と各拳士)

二名の小法師の先生を筆頭に、僧階保持者は絡子もしくは輪袈裟を着用
武階でいえば、八段から今月入門したばかりの小学1年生まで、幅広い拳士にお集まりいただくことができました。

各道院、各小教区でも、達磨祭行事は行っていただけていることでしょうが、
達磨祭は、「お祭り」ですので、普段とは違う顔ぶれで、ある程度人数が集まって行えると、行事そのものが楽しくなり、しかも意義のある取り組みになるかと思います。

今回は、達磨祭終了後、達磨祭第二部として、「錫杖伝祭り」と題して、錫杖伝修練会も有志で実施し、こちらも楽しみながら、交流を深めることができました。

ご参集いただいた先生方と拳士各位に改めて御礼申し上げます。

千葉県教区といたしましては、今後も道院の枠を超えて、県内の拳士が集える研修会や儀式行事を主催していくつもりです。
形だけの儀式にならず、有意義で魅力的な行事を企画してまいりたいと思いますので、ご理解とご協力、そして積極的なご参加を、よろしくお願いいたします。


2015.10.19 09:16 | 固定リンク | 儀式レポート
達磨祭レポート 千葉西部小教区
2015.10.14
2015年10月3日(土)
松戸市、市川市、浦安市で編成された千葉西部小教区の達磨祭が市川若宮道院で行なわれました。

市川若宮道院の所在地は中山競馬場のすぐ側、土曜、日曜の競馬開催日はいつも混雑、そんな中、5道院の道院長ならび幹部拳士等13名が参集し、午後4時から始まりました。

教典唱和、献香と続き
導師法話は、少年部指導でだるまさんの事をいかに解りやすく伝えるかというテーマが語られました。

最後に、錫杖伝(6尺棒)の演武を奉納し、
達磨祭は滞りなく終了


式典は30分で終わりましたが、その後は懇親会が楽しく続きました。

(レポート 千葉西部小教区 小教区長 古谷進)

2015.10.14 19:51 | 固定リンク | 儀式レポート
達磨祭レポート 千葉清見台道院・千葉富来田道院(合同)
2015.10.13
千葉清見台道院・千葉富来田道院 だるま祭(合同開催)
開催日:2015年10月11日(日)曇り



前日夜に降り始めた雨も上がり、曇天ではありましたが心地良い秋風の吹く中、千葉清見台道院・千葉富来田道院の合同だるま祭を執り行いました。 金剛禅の儀式としては勿論のこと、普段ゆっくりと話すことの出来ない保護者同士、また両道院の拳士達の交流の機会としての重要な機会でもあります。
 教典唱和、導師法話等の儀式では、法衣を纏った道院長の姿に気を引き締め、閉式後は 「飯器、汁器は手に持って・・・」を唱和し、幹部拳士が準備したBBQを堪能しました。 子供達がゲームで盛り上がっている間に大人達は色んな話で盛り上がり、ビンゴ大会の後は拳士らしく、全員で作務を行い、記念撮影をして終わりました。
 見送りの際の参加者の笑顔に、金剛禅、そして少林寺拳法の素晴らしさを改めて感じた秋の一日でした。

(レポート 清水一志)

2015.10.13 06:24 | 固定リンク | 儀式レポート

- CafeNote -