小教区の「開祖忌法要」情報
2016.05.02
5月12日は金剛禅総本山少林寺創始者宗道臣の命日=開祖忌です。

本山を始め各地の道院では5月12日またはできるだけ近い日程で法要を執り行い、開祖を偲び、その偉業をたたえて感謝するとともに、この道に精進することを改めて心に誓う日となっています。

金剛禅の大事な儀式のひとつですので、各道院において実施していただきたい行事ですが、
下記の小教区でも、開祖忌法要が営まれます。

近隣の拳士は、積極的にご参列ください。

◆千葉北部小教区
・日時 5月7日(土) 9時30分~
・場所 我孫子道院 専有道場
(開祖忌法要終了後、12時まで易筋行の修練があります)

◆千葉西部小教区
・日時 5月7日(土) 16時00分~
・場所 市川若宮道院 専有道場
(開祖忌法要終了後 17時~ 懇親会)

※いずれの開祖忌法要も、千葉県内の拳士でしたら、どなたでも参列可能です。



2016.05.02 10:23 | 固定リンク | 行事紹介
5月度 教区長法話
2016.05.01
合掌
 4月14日に発生し、いまだに収束していない熊本地震で被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
千葉県教区しても側面から色々な形で支援活動を進めたいと検討しているところですので後ほど詳細について皆様方にご協力のお願いをすることになると思いますのでその節はよろしくお願い申し上げます。

さて、2016年度の千葉県教区事業計画の中で小教区を中心とした研修会等の活動推進プログラムを重点課題として掲げさせていただきました。実施要項については小教区長会議を通して決めていくことになりますが、具体的には、研修会の開催を促進することに重点を置きますのでその概要と私の思いについて少し述べさせていただきたいと思います。

一つ目は、研修会のテーマとして「女性拳士を中心とした研修会」を考えています。
4月3日に開催した本山公認千葉県教区講習会にも女性拳士が9名ほど参加して頂いておりました。これからの布教活動を踏まえた門信徒拡充を考えたとき、女性拳士の増加促進への取り組みは、親子拳士を取り込む観点から欠かすことのできない課題であると思っております。
女性の目線で易筋行や教学講義のカリキュラムを抽出して頂きます。そして、テーマを決めて日ごろの思いや指導法に対するディスカッションの時間を設け充分に女性目線での研修会を満喫していただき今後の修行に大いに活用していただきたいと考えています。

二つ目は、金剛禅と少年部指導についてです。少年部拳士に対して金剛禅をどのように教え理解と行動に結びつけるかが非常に難しいテーマとされています。少年部はややもすると競技主体、技術主体になりがちです。そのバランスのとれた指導法を勉強する機会を作りたいと考えています。

以上思いのみを羅列しましたが、少林寺拳法を日々の生活環境の中に取り入れ、いわば文化としての少林寺拳法を享受するためには親子を中心とした修行の環境づくりを心掛けなければならない時限(時代)に来ていると考えます。特に幼年部については母親と子どもの触れ合いを少林寺拳法の思想と技法(易筋行)と教育プログラム(教化育成プログラム)を確立することにより、暖かさをメインとした雰囲気を持つ、また一つ別の角度から見た少林寺拳法が見えてくると確信しております。

2016年度は、千葉県教区として小教区を中心としたバラエティーに富んだ研修会を考えていますのでこのページを活用して皆様の色々なご意見をお聞きし、総裁の進めている「進化した少林寺拳法」に取り組みたいと思っていますので、皆様方の思いの送信をお願いいたします。                     

結手

2016年5月1日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)

2016.05.01 08:08 | 固定リンク | 教区長法話

- CafeNote -