12月度 教区長法話(女性拳士研修会について)
2017.12.03
合掌
2017年もいよいよ1ヶ月を残すのみとなりました。この時期になると今年一年間はどうだったかなという反省の念に駆られますが皆様はいかがでしょうか。
日々の忙しさの中でそれどころではないという方も多いと思いますが、ひとときの振り返りも時によっては必要と思うことがあります。
年齢を重ねると、時としてこのままの延長で人生を送って良いものかと、ふと考えさせられる時があります。「拳と禅」の調和の修行の中から得たものをどのくらい人生の中で役に立てたかではなく、これからの人生の中でどのような生きざまを描くかが課題であると思う日々であります。

さて、11月19日に行われました「少林寺拳法創始70周年記念」女性拳士研修会(交流会)におきましてはたくさんの方のご支援の下、充実した内容で終了することが出来ました。ご協力に感謝いたします。



受講された拳士の方から頂いたアンケートに次回開催を期待される方が多くありましたので、執行部としては次世代につなげる架け橋となるべく検討したいと考えています。中でも、普段あまり交流のない他道院の女性拳士とのディスカッションで、それぞれの思いや考え方に共感する部分や、気づき、感じるところがあり、金剛禅のあり方捉え方によるの「それぞれの金剛禅」について大変勉強になったとの感想もありました。
今回は、半分近くが僧階を持っていない方でしたが、これから僧階補任を受けるための事前の学習会としても十分に成果があったと思っています。
小野寺米蔵先生のユニークな講義とマジック披露については、今更ながらに熟練の「秘技」を感じさせられました。受講者の方からも楽しく勉強できましたとの感想が寄せられていました。



実技についても、女性のための易筋行として、普段修練している技術をベースに護身術的要素を高めた、新しい目線での力を要しない技術を勉強しました。地域行政から多数要請された経験がありその道のベテランの萩原俊次先生がアレンジした護身の技術を多く披露していただきました。道院帰ってから、子供たちに必須の技として教えてあげたいと真剣に取り組んでいる方も多くおられました。



最後に、今回スタッフとして活躍していただいた方より、感想をいただきましたのでご紹介させていただきます。
「参加された女性拳士は、みんな生き生きとしていて、とても前向きで、熱心で、素晴らしいです。
10代のディスカッションを担当させていただき、この子達がいれば大丈夫!ととても嬉しくなりました。各道院、支部で一生懸命修行している拳士を失望させない、金剛禅、少林寺拳法にしなければならない、我々所属長や幹部の責任は大きいと、改めて感じました。次回を望む声も多いですし、私も今回体調不良で参加できなかった拳士を是非参加させたいと思いますので、年に1度でも良いですから、継続していただければ、と思います。」



益々寒さが厳しくなる時期を迎えますのでみなさま方に於かれましては、お身体をご慈愛なされ
2018年の輝ける年を共に迎えることをご祈念申し上げます。
合掌再拝
2017年12月3日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)
2017.12.03 14:23 | 固定リンク | 教区長法話
少林寺拳法創始70周年記念 金剛禅総本山少林寺公認 千葉県教区講習会 教区新春法会開催のご案内
2017.12.02
合掌

新年2月4日に、
少林寺拳法創始70周年記念 金剛禅総本山少林寺公認
『千葉県教区講習会』並びに『教区新春法会』を開催することが決まりましたので、皆様にお知らせいたします。

千葉県教区として、少林寺拳法創始70周年のお祝いを兼ねて企画したものでもありますので、できるだけ多くの方にご参集いただければと考えております。
ご多用な時期だとは思いますが、拳士各位におかれましては、万障繰り合わせて、法友、拳友をお誘い合わせの上、奮ってお申し込みください。

また、本講習会は本山認定講習会として承認を頂きましたので、受講者は本山講習会の受講と同様、武階・法階の受験条件である「対象講習会」受講として認定されます。

僧階講義も、今回は大導師の履修科目をご用意させていただきました。
道院長の先生方も、ぜひ積極的にご参加ください。


            記

1. 主    催  金剛禅総本山少林寺 千葉県教区

2. 日    時  2018年2月4日(日) 開場12時10分 開会12時30分 閉会17時30分(予定)

3. 会    場  金剛禅総本山少林寺 東京別院 住所:東京都豊島区北大塚2-17-5
            最寄駅:JR大塚駅北口から徒歩3分

4. 受講対象者   A.千葉県内在籍一般拳士
            B.関東地区内(東京・神奈川・埼玉・山梨・群馬・栃木・茨城)在籍の一般拳士
            ※Bの千葉県外の拳士は、所属都県の教区事務局長を通して、お申し込みください※

5. 本山派遣講師 鈴木 裕 先生 (水戸葵道院・水海道道院)

6. 地元 講 師 徳間富夫 先生(千葉県教区講師補)、古谷進 先生(千葉県教区講師補)

7. 講義 科 目 法階テーマ  1-1 拳禅一如・力愛不二の法門
            僧階テーマ  L-1 開祖が少林寺拳法を創始するに至った経緯(大導師の履修科目)

8. 受講者 定員   50名 (先着順)

9. 会費・締め切り  4000円/人 2018年1月26日(金)まで申し込み・納入ください。

10. 会費 納入先   ゆうちょ銀行 口座名:記号10500番号67158331
             加入者名 金剛禅総本山少林寺千葉県教区 へお振込みください。

11. 日    程   12:10~ 開場・ 受付、
             開会12:30~
             ①新春法会、②法階講義、②易筋行その1、③易筋行その2、④僧階講義
             ⑤閉会、解散(17時30分 予定)

※僧階をお持ちの方は、輪袈裟と念珠をご持参ください。

※講習会終了後、大塚駅周辺で教区の新年会も開催します。
 (希望者のみ。会費は別途徴収いたします。申込時に参加・不参加をお知らせください)
 (新年会は18時00分~20時00分の予定)

12. 申込・問い合わせ   
    
    所属名、所属コード、氏名、拳士コード、現資格、年齢、性別、進年会の出席/欠席を記し、
    1月19日(金)までに下記のアドレスにメールにてお申し込み下さい。

             千葉県教区 事務局長 藤田竜太 tatemanji4@yahoo.co.jp



皆様のご応募、心よりお待ちしております。

再拝 結手
2017.12.02 13:49 | 固定リンク | 行事紹介
魅力ある道院長たち 第五回 坂倉誠一郎先生(千葉南道院)
2017.12.01
千葉南道院

■道院長プロフィール
・氏名:坂倉誠一郎(さかくら せいいちろう)



・生年月日:1963年(昭和38年)11月29日生まれ(53歳)
・出身地:千葉市
・現居住地:千葉市
・家族構成:妻・長男・次男(息子は就職で市川在住)
・拳歴:
【所属歴】
1982年(昭和57年)4月:大阪産業大学少林寺拳法部に18歳で入会(397期)
1991年(平成 3年)12月:東大阪中央道院に転籍
1992年(平成 4年)2月:千葉南道院 運営許可
2002年(平成13年)3月:千葉武専研究科卒業
現在:正範士七段、大導師

・趣味:特になし
・特技:特になし
・職業:会社役員


◾️道院長になったきっかけ
大学卒業後、就職の関係で地元千葉へ帰郷しました。結婚を機に師匠に相談し、千葉の先生方にご挨拶をさせていただき、道院を設立させていただきました。

◾️道院の特徴・雰囲気
現在の拳士構成は、一般部8名です。組織改革により、息子がスポーツ少年団を設立したので、一般拳士は道院、少年拳士はスポーツ少年団の所属になっています。
私も一家で拳士ですが、親子・兄弟拳士が多いです。しかしながら、子どもは成長し進学・就職していく中で、修練から遠のいてしまいますが、親は継続しています。子どもの近況を聞きながら成長を喜び、親も子も少林寺拳法を一つの支えとしてくれていることに喜びを感じています。



◾️指導方針
少林寺拳法の「修行の心得」を常に意識して、無理のないような活動を心掛けています。修練は、技の系統や動作の意味など柔法・剛法共に基本を常に意識しながら行っています。また、少林寺拳法の教えや技の修練の仕方が、社会生活の中で全てに相通じるものであるということを気付かせるような指導を心掛けています。

◾️どんな道院を目指しているか
生きていくための自信、「いざ」という時に何とかなるという自信の裏付けになるような活動を目指しています。いろいろなものが進化・退化している中で、原点を忘れず、基本を忘れず、拳士の視野が広がっていき、生きていくための刺激を与え続けられればと思います。



◾️自分の好きな開祖の言葉
「それもそうだが、それがすべてではない」
いままで生きてきた中で、いろいろな思いがありました。いろいろな人がいて、いろいろな意見があり、共鳴できることもあればできないこともあり、その中で自分の意見もあります。人は「自分の意見をはっきりさせろ」と言い、自分でもそうしてきた経緯はありますが、あちらの意見も分からないではないな、等々、気持ちの中ではっきりしない時期がありました。その時にこの言葉を目にして、「ひとつに決めなくていい」と思い、いろいろな意見が交差している状況を認めればいいのだと思った途端、一気に思いが晴れました。「調和」を象徴する言葉だと思います。


◾️道院概要
・道院名称:千葉南(ちばみなみ)道院
・設立:1992年(平成4年)2月
・専有道場:千葉市緑区おゆみ野3-14-7-403
・修練日:日曜日19:30~21:00
・連絡先:043ー292ー2144
2017.12.01 08:38 | 固定リンク | 道院長紹介

- CafeNote -