6月度 教区長法話
2017.06.10
合掌
 いよいよ梅雨本番となりますが、今年は雨が少ないようですので、夏の水不足が心配されている様です。また、この時期は特に熱中症が発生しやすい環境になっていますので門信徒の皆さまは修練の際、お互いの健康状態を交互監視しながら稽古に励んでいただきたいと思います。

 さて、今千葉県教区では、女性拳士の交流会を計画しています。参加対象者は、千葉県内で少林寺拳法を修行する女性拳士全員を対象にしています。
また、興味のある方は高校生や保護者の方でも参加できるように考えているところです。
この事業の趣旨は、女性拳士同士の交流を深め、女性の目線で易筋行をとおした金剛禅
布教を考えることを目的に交流会(研修会)を開催するものです。
千葉県教区としては、初めての試みであることから時間をかけてじっくりと計画案を練った事業ですので「少林寺拳法創始70周年記念」として、ぜひとも成功させたいと考えています。
これからの金剛禅布教活動を踏まえた門信徒拡充を考えたとき、女性拳士の増加促進への取り組みは、親子拳士を取り込むという観点からも欠かすことのできない課題であると思っております。
女性の目線で易筋行や教学講義のカリキュラムを抽出して頂き、日常生活の中から少林寺拳法修行への思いや指導法に対する考え方等を、お茶を飲みながら気楽にディスカッションをしていただき、充分に女性目線での交流会(研修会)を満喫していただき今後の修行に大いに活用していただきたいと考えていますのでここにご紹介をいたしました。
開催時期は、2017年秋を予定しております。詳細が決まり次第、改めてご案内いたしますので、楽しみにしていてください。

千葉県教区では、「新しい金剛禅門信徒のライフスタイル」として小教区を中心としたバラエティーに富んだ研修会を考えていますので門信徒の皆様の色々なご意見をお聞きし、総裁の進めている「進化した少林寺拳法」に取り組みたいと思っていますので、今後とも皆様方のご協力ご支援をよろしくお願いいたします。


合掌再拝
2017年6月10日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)
2017.06.10 16:20 | 固定リンク | 教区長法話
宗道臣デー活動 (市川若宮道院)
2017.06.07
宗道臣デーは、開祖・宗道臣の命日である5月に「説かれた教えを実践する日にしよう」とみんなで力を合わせて社会に貢献する全国的な取り組み(社会運動)です。

千葉県教区の各道院でも、さまざまな形で活動が行われておりますが、先月の「宗道臣デー」の実践活動の中から、市川若宮道院の活動レポートを紹介します。


●市川若宮道院




①老人ホーム訪問
市川若宮道院では、老人ホーム訪問を5月28日に行いました。
お年寄りにとっては、子供たちの道衣姿はとても人気がありました。
子どもたちにとっても、とても良い経験でした。



②公園の清掃活動
6月は少年部の始まる時間でも、まだまだ外は明るいので、
この時期は、稽古が始まる前に近くの公園の清掃活動をおこなっています。



大人たちの道衣姿は少々威圧感があるかもしれませんが、少年部の拳士の道衣姿での活動は微笑ましいものがあります(ゴミ拾いを兼ねた、遊びの時間?)。

せっかくの「宗道臣デー」月間ですので、
市川若宮道院では、このような活動を通して、さりげなく地域に少林寺拳法をアピールしております。

(古谷 進 道院長)
2017.06.07 09:14 | 固定リンク | 行事紹介
開祖忌法要と教区帰山
2017.05.18
合掌
 毎年この時期は開祖忌法要を挙行する月間となっています。
 門信徒のみなさんはご存知と思いますが、開祖道臣禅師は1911年(明治44年)2月10日の生まれです。
1980年(昭和55年)5月12日、69歳で入滅され今年で生誕106年となります。
 私たちは、法縁に恵まれ開祖道臣禅師の建立した金剛禅総本山少林寺の門を叩き入門を許され門信徒として開祖道臣禅師の教えを享受し今日の生活を営んでいるといっても過言ではないと思います。
 年に一度の宗門の行事として、開祖道臣禅師の思いと、私たち門信徒の現在の思いと行動を足元(脚下照顧)から見つめなおす絶好の機会と捉えてみるのも良いと思います。




 さて、5月14日に総本山で挙行されました開祖忌法要に千葉県教区として16名の門信徒の方が参列いたしました。



これは以前からご案内していた創始70周年を記念した、千葉県教区本山記念帰山の2日目の日程の中で行われたものです。
 道院での開祖忌法要と違い、本山で営まれる雰囲気は独特のものがあり厳粛さに圧倒される中、各自献香を行いその後、大澤代表の法話を印象深く拝聴し特に「時間というものとのかかわり方」について新鮮な気持ちで受け止めることが出来たようです。
 また、開祖霊廟での献香は初めての参加者にとっては大変感慨深い思い出となったようでした。







合掌再拝

2017年5月18日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)
2017.05.18 20:21 | 固定リンク | 教区長法話

- CafeNote -