※重要 11/20 県教区研修会の僧階講習テーマの変更※
2016.11.09

合掌
上記の講習会において、中導師の僧階テーマについて、事務局の手違いがあり、下記のように訂正させていただきます。
(誤)「道場布教の実践」(H2)
(正)「布教の原理とその実践展開」(H2)
(どちらも「運動論2」のテーマです。テーマ番号は「H2」が正しく、「テーマ」のタイトルが誤っておりました)
謹んでお詫び申し上げますとともに、上記の通り訂正いたします。
恐縮ですが、周囲に受講予定者がいらっしゃいましたら、その旨お知らせいただけると助かります。
重ね重ねのお願いで恐縮ですが、何とぞよろしくお願いいたします。
(19日の講義テーマと、20日の少導師の僧階テーマは予定通りで変更はありません)。
再合掌
2016.11.09 22:42 | 固定リンク | 行事紹介
11月19日・20日の研修会について 追加情報
2016.11.07
◆教区からのお知らせ◆
今月19日・20日の教区研修会、おかげさまでほぼ定員となりました。ありがとうございます。
持ち物は道衣一式、筆記用具、参加費(未納の方のみ)
(大きめのバスタオルがあると便利かも)
なお動画の撮影はご遠慮ください。
(教区執行部で、記録動画を撮影する予定です)
19日の夜、特別講師の先生を囲んだ夕食会を予定しております。ご参加希望の先生は、今週中にご連絡ください。
また、同じく19日の夜は我孫子道院専有道場での宿泊も可能です。
冷暖房&バス・シャワー完備ですが、寝袋等の寝具は各自でご持参ください。
詳細は、我孫子道院藤田まで。
2016.11.07 11:30 | 固定リンク | 行事紹介
11月度 教区長法話
2016.11.01
合掌 
 だいぶ秋らしくなり寒さを感じる昨今ですが、みなさまに於かれましては各種行事に奔走され慌ただしい日々を送られていることと存じます。私にとっても、みなさまと同様に慌ただしい日々に追われていますが、その忙しさの中から見出される一時の休息に格別の空間を感じ取れることの幸せを実感している今日この頃です。
さて、10月は達磨祭の月間として各道院、小教区ともに祭事を滞りなく挙行できたことと思っております。小教区としての開催は3ヶ所(3小教区)でしたが、門信徒のみなさま多数の参加でそれぞれ厳かな中にも温かみのある充実した達磨祭になったとのお話を伺っております。
「人は、人とのかかわりの中から成長する」という意味からして、道院や小教区という場に人が集まりその中での対話により自分の尺度を理解し、他人の考え方を勉強する絶好の機会ととらえることが大変大事なことであると思っております。拳技のみにとらわれず、自分の人生そのものを金剛禅の教義の中から俯瞰し自己を見直すことが易筋行たるものの醍醐味と思って私は常に行動しています。
10月22日(土)に2016年10月度都道府県教区長会議が開催されました。冒頭、金剛禅総本山少林寺大澤隆代表より「生きる力を育む文化」と題して基調講話がなされました。
これから訪れるであろう、「2025年問題」をテーマとして、社会環境が大きく変わることに対応できる金剛禅教団を目標に、単位道院が特色ある組織づくりを目指す取り組みを具体的に述べられていました。特にこれからの若者に対して伝えていく道院長の情熱は欠かすことができないものであり、SKP(少林寺拳法機構改革)はその必要最小限の条件であるという事を力説していました。
千葉県教区としては今後も、研修会や講習会をとおして拳士に学ぶ機会を与えて、「生きる力」を育んでいく事に注力し、ダーマの分霊として自分のためにもなり、社会の発展のためにもなる教区活動を展開していきたいと思っています。
門信徒の皆さまには機会あるごとに参加して頂き「自己を変革していく力」を体得し、充実した日々を送れることを切に願っております。

結手
2016年11月1日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)
2016.11.01 06:29 | 固定リンク | 教区長法話

- CafeNote -