9月度 教区長法話
2017.09.10
合掌
 8月は前半長雨で夏らしくない日が続いていたかと思うと、後半非常に暑い日があったりと、天候不順に悩まされましたが夏もあっという間に過ぎてしまい、子供たちにとっては今年の夏休みはあまり喜べなかったみたいです。
近日、地球規模での気候変動のニュースがテレビ等で伝えられています。大きな要因は地球温暖化によるものとされていますが、私たちにとっては何百年先か何千年先の事であり人類の危機に瀕する事象といわれてもあまりピンとこないのが現実と思います。
先月の新聞等の報道で、フランス政府が2040年までにガソリン車・ディーゼル車の国内販売をやめる方針を出し、ヨーロッパ諸国は相次いで自動車をEVにする計画を立てています。
私が今から20年前、ドイツのフランクフルトに約一か月間ホームステイ滞在していた時の事を思い出します。6月後半の肌寒い時期でしたが太陽の日差しが出ている日は公園でシートを敷き半袖短パン姿で日光浴している姿を多く見かけました。芝生に寝ころんで肌を焦がす。これは短い夏を待ちきれずに日差しを謳歌するためなのでしょう。ヨーロッパの人たちは太陽の光に対して昔から強いありがたみを持っているようです。当時でも、信号待ちではアイドリングストップが守られていて環境問題に対する意識の高さを十分に伺うことができました。
地球温暖化によりオゾン層が破壊され太陽の日差しに一番の恩恵を受けているヨーロッパ人が真っ先に淘汰されると考えているのかもしれませんが、人間と自然の関わり合いの中からも人間存在は生かされているのだという「ダーマ」のおおみちからを信じることができます。




さて、今回は環境問題に例えて危機感を取り上げましたが、実際身につまされるまでなかなか実感が湧かないのが凡人なのかもしれません。
私たちの金剛禅教団にとっての危機感は総裁の提言する2025年問題(高齢者とそれを支える若者との人数が逆転する問題)も含め門信徒数の減少にあると思います。
これから迎える危機に対して今、私たちの行動すべきものを見極める時期に来ていることは否めない事実です。金剛禅運動の原点は人と人との繋がりの中から理想境建設へと結びつく過程にあります。一人でも多くの人たちに金剛禅運動を理解して頂き同志として目標に参画していただけるような布教活動の実践が急務となっています。
千葉県教区としては門信徒の皆様一人ひとりが金剛禅の布教者として教えを公布できるような教化育成(人材育成)を数多く開催いたしますので少しでも多くの方のご参加をお待ちしています。
9月に入り、秋の装いも整いつつありますが夏の疲れが出る時期です。体調を整えることも修行法(内修)の一つですので、行を怠らず体調維持に専念していただきたいと思います。
合掌再拝
2017年9月10日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)
2017.09.10 08:28 | 固定リンク | 教区長法話
魅力ある道院長たち 第二回 尾崎安展先生(千葉茂原道院)
2017.08.30
千葉茂原道院

■道院長プロフィール



・氏名:尾崎安展(おざきやすのぶ)
・生年月日:1965年(昭和40年)3月14日生まれ
・出身地:いすみ市
・現居住地:いすみ市
・家族構成:妻、長男、次男

・拳歴:
1983年(昭和58年)5月:日本電子専門学校支部に18歳で入門(410期)
1986年(昭和61年)5月:千葉茂原支部道場に転籍(千葉茂原道院の前身及川浩支部長)
1990年(平成2年)4月千葉武専予科入学(弐段時)
2006年(平成18年)10月:本山より運営許可を頂き、及川浩先生より道院長を引き継ぐ41歳)
2008年(平成20年)3月:千葉武専研究科卒業(途中で休眠期間があったため卒業までに18年ほどかかっています)      
現在:大拳士五段、中導師

・趣味:
 トライアスロン、筋トレ、エンデュランス系スポーツを中心とした様々な競技へのチャレンジ。
・特技:特になし
・職業:ダイヤモンド工具メーカーの品質保証部門で、主にQMS、EMSの管理業務に携わっています。

■道院長になったきっかけ
 前支部長の及川浩先生が業務多忙につき所属長引継ぎのお話を受け、受諾して道院長となる。
自分の生き方を変え、磨き高めてくれた少林寺拳法と、お世話になった先生方へのご恩返しのため。金剛禅総本山少林寺の技法と教えを後進に伝えて一人でも多くの方がより良い生き方を歩んでいける一助になれればとの思いで道院長となりました。
 
■道院の特徴・雰囲気
 現在 道院の拳士構成は、一般部20名(中学生1名含む)、少年部10名、計30名。
拳士数の多かった時期と比べると半分以下に減少していますが、ここ最近はリタイアされた方の入門/復帰が多く60代の拳士が増えており、個々の体力に応じて楽しみながら上達して行けるよう心がけています。

以前より協力して頂いている幹部拳士も多く、少年部、初心者指導について個別にきめ細かな指導を行っています。
 修練の流れとしては、前半の基本練習は全員合同で行い、基本⇒法形⇒運用法という流れで、前半の基本練習の最後には必ず運用法を行っています。

動作の基本は基本練習で作り上げるということで、前半の練習では基本重視で行っています。
運用法は大人と子供入り混じって行いますので強度については組む相手に応じて調整します。
運用法の基本は楽しく/かつ真剣に(古参メンバーが雰囲気作りをして和気藹藹とやっています)
後半は少年部と一般部、初心者に分かれて、主に科目表に沿った技術修練をします。

 修練以外にも、春はたけのこ狩り、秋はサツマイモ狩り。その他にも幹部会や飲み会などを開催して親睦を深めています。
ちなみに上記の『拳』の修練以外の集いは道院行事『禅』と名付けて開催しています。



■指導方針
  6歳から70歳と幅広い年代の拳士が所属していますので、育む少林寺拳法、鍛える少林寺拳法、養う少林寺拳法と、年代に応じて自分のペースで修練に参加して頂いています。
道場内では指示を待つのではなく自ら考えて行動すること。自分磨きを楽しみ、一度の練習で一つでもいいので何かを得て帰ってもらいたいと考えています。
 前述の通り、前半の基本練習~運用法までは年代が違う拳士も一緒に練習をしています。
あえて少年部を分けずに練習しているのは、少年部にとっては日常生活の中では交流する機会の少ない異なる年代の方との関わりを持つことでお互いに気配りや目上の者に対する態度、距離感を学んで欲しいと考えています。
 開祖の目指した、真の社会のリーダー育成を念頭に、道院で学んだことを社会に出てからも活かせるよう。社会で役立つ人づくりに繋げたいと考えています。




■どんな道院を目指しているか
 幅広い年代の拳士が一つの道を志した仲間として集い、何でも話し合えるような雰囲気の道院にしたいと考えています。
 日常生活で辛いことや悩みなどがあっても仲間と共に修練をして汗を流してあれこれ話して、帰る頃には気持ちが晴れやかになっているような。そんな道院が理想ですね(あくまでも理想ですが)
来るものは拒まず去る者は追わず、去って行った人も戻って来られるようにいつでも門を開放しているような、懐が深くて広い道院を目指しています。

■自分の好きな開祖の言葉
『人生の闘いで負けないためには、自分で壁を破っていくよりないのだ。嫌々ではなく、自分が本当にやりたいと思ったらとことんやる。そうすれば必ず道は開ける。』    

開祖の言葉の中で好きな言葉はたくさんあるのでどれが一番とはいえませんが、好きな言葉として挙げさせていただきます。
自分の座右の銘は「意志あるところに道は開ける」です。(これは直接の開祖の言葉ではありませんが、上の言葉を端的に表しています)
自分で道を切り開いていこう、どんなことにも果敢にチャレンジして行こうと考えるようになったことで実際に様々なことが良い方向に変わってきました。
改めて開祖語録を読み返してみると感じますが、これ以外にも自分の生き方を変えてくれた言葉はたくさんあります。

■道院概要
・道院名称:千葉茂原(ちばもばら)道院
・設立:1984年(昭和59年)10月
・専有道場:いすみ市松丸1879
・修練日:水・金 19:00~20:30(少年部)、19:00~21:00(一般部)
 ※ 専有道場以外での修練場所については茂原市内の施設を利用しています。
・連絡先:090-2498-5128
2017.08.30 10:45 | 固定リンク | 道院長紹介
本山公認 神奈川県教区講習会開催のご案内
2017.08.21
神奈川県教区から、本山公認教区講習会の開催のご案内をいただいたので、ご紹介します。


本講習会の受講者は本山講習会の受講と同様、武階・法階の受験条件である「対象講習会」受講として認定され、講義テーマの認定条件次第では、僧籍編入者には僧階レポートの履修認定も受けられます。
受講対象者は門信徒に限りませんので、武専コースに在籍されていない一般財団法人少林寺拳法連盟の会員が受講されると、次回昇格の際、法階の允可を受けることも可能になります。


1. 主催   金剛禅総本山少林寺 神奈川県教区
2. 日時  2017年10月15日(日) 午前9時30分開会 午後3時30分閉会
3. 会場  藤沢翔陵高校 格技場  住所:藤沢市善行7-1-3
        最寄駅:小田急線(江ノ島方面) 善行駅下車 徒歩1分
4. 受講対象者  神奈川県及び関東地区内(東京・千葉・埼玉・山梨・群馬・栃木・茨城)在籍の
一般拳士。
5. 本山派遣講師  大澤  隆 先生(金剛禅総本山少林寺 代表)
        前田 保男 先生(本山教師)
6. 地元講師  現在調整中です。(講師は、決まりしだいWeb申込サイトに掲示いたします。)
7. 講義科目   ①法階テーマ 2-2 金剛禅の教義   ②絵本プロジェクト
③僧階テーマ A-2 「聖句」の主旨(少導師履修科目)
④僧階テーマ H-5 道場から社会へ向けての布教実践(中導師履修科目)
8. 受講者定員  100名
9. 参加費・締切  5,000円/人 2017年9月29日(金)迄申し込み・納入して下さい。
10. 参加費納入先  ゆうちょ銀行の「払込取扱票」にて、 記号10270番号75119251
口座名義 金剛禅総本山少林寺神奈川県教区 へ
他銀行からは、店名 〇二八(読み ゼロニハチ) 店番 028 預金種目 普通預金
口座番号 7511925 口座名義 金剛禅総本山少林寺神奈川県教区 へ
※ 振り込みについては、ご本人の名前で送金をお願い致します。
11. 日程    9:00~ 9:30 受付   9:30~9:50 開会・点呼・鎮魂行・日程説明・講師紹介
          10:00~11:00 講義①  11:10~12:00講義②  12:00~13:00昼食休憩
          13:00~14:00 講義③④(同時開講)  14:10~15:10易筋行 
          15:10~15:30 本山派遣講師講評 ~ 点呼 ~ 閉会・解散
12. 申込方法  【別紙1】でご案内のWeb申込サイト又はE-mailでお申し込みください。
13. 講習会問合せ  神奈川県教区 事務局長 飯田昌一 携帯 090-3507-7343
以上
2017.08.21 11:16 | 固定リンク | 行事紹介

- CafeNote -