9月度 教区長法話
2018.09.12
合掌
 台風21号と北海道の胆振地方を震源とした地震により被害にあわれた皆様には心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧をお祈りいたします。
 今回も改めて大自然と共存する中で、人間は生かされているのだという事を実感しているところです。ここ近年の地球規模での気候変動は今や特別の事象ではなくなってきています。人間はおごることなく大自然の中でこれからも大いなる試練の中で時間と共に順応していく事になるでしょう。
さて、平成最後の夏もいよいよ終わりを告げています。暑さ寒さも彼岸までと言われるように、朝晩の涼しさに少しほっとしているところですがみなさまはいかがお過ごしでしょうか。
9月の投稿も12日を過ぎてしまい、もうすぐお彼岸の入りとなりますが、この彼岸という仏教的行事も、今はだんだんと簡素化され仏事そのものも行われなくなってきているようですが、日本では古くから独自の仏教文化として、太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられ、ご先祖さまや自然に感謝をささげる仏道精進の期間として行われ、お彼岸にはお寺の法要やお墓参りに行き、亡き人へ思いをはせ、感謝のまことをささげるとされています。
本来仏教では、川をはさんで此岸(しがん)と彼岸(ひがん)があるとされています。
この此岸が我々の住む迷いの世界で、向こう岸の悟りの世界が彼岸となります。
すなわち、煩悩をすべて断じて悟りの世界に渡られた存在が「仏」となります。
これを至彼岸とも呼びますが彼岸に至れればそこで人間は仏になれるという事になります。この彼岸参りの「彼岸」というのは私たちが日々の修行に於いてダーマ(真理)を信仰するうえでも重要な位置づけとなっています。
「仏」とは、真理の世界、悟りの世界に到達された方が仏であるといえます。私たちも易筋行を通して変われる自分を信じて三宝(仏・法・僧)に帰依し修行を積むことにより悉有仏性として、ダーマの無限の可能性の中から少しでも真理の世界に近づこうとして行じ、そのあり方を教典の中で金剛禅門信徒として「礼拝詞」として唱え、その重みと深みを心に刻み込みこれからも真純単一に此の法修行に専念していきたいと思います。




合掌再拝
2018年9月12日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)
2018.09.12 14:17 | 固定リンク | 教区長法話
本山公認 神奈川県教区講習会開催のご案内
2018.08.23
神奈川県教区から、本山公認教区講習会の開催のご案内をいただいたので、ご紹介します。


本講習会の受講者は本山講習会の受講と同様、武階・法階の受験条件である「対象講習会」受講として認定され、講義テーマの認定条件次第では、僧籍編入者には僧階レポートの履修認定も受けられます。
受講対象者は門信徒に限りませんので、武専コースに在籍されていない一般財団法人少林寺拳法連盟の会員が受講されると、次回昇格の際、法階の允可を受けることも可能になります。


1. 主催   金剛禅総本山少林寺 神奈川県教区
2. 日時  2018年10月14日(日) 午前9時30分開会 午後3時30分閉会
3. 会場  藤沢翔陵高校 格技場  住所:藤沢市善行7-1-3
        最寄駅:小田急線(江ノ島方面) 善行駅下車 徒歩1分
4. 受講対象者  神奈川県及び関東地区内(東京・千葉・埼玉・山梨・群馬・栃木・茨城)在籍の
一般拳士。
5. 本山派遣講師  海鋒 雅之 先生・前田 保男 先生
6. 地元講師  日當 喜澄 先生・柏井 伸一 先生
7. 講義科目   ①法階テーマ 2-4 釈尊の正しい教え
②僧階テーマ A-4 「礼拝詞」の主旨(少導師履修科目)
③僧階テーマ H-3 道場布教の実践(中導師履修科目)
8. 受講者定員  100名
9. 参加費・締切  5,000円/人 2018年9月28日(金)迄申し込み・納入して下さい。
10. 参加費納入先  ゆうちょ銀行の「電信払込み請求書」にて、 記号10270番号75119251
口座名義 金剛禅総本山少林寺神奈川県教区 へ
他銀行からは、店名 〇二八(読み ゼロニハチ) 店番 028 預金種目 普通預金
口座番号 7511925 口座名義 金剛禅総本山少林寺神奈川県教区 へ
※ 振り込みについては、ご本人の名前で送金をお願い致します。
11. 日程    9:00~ 9:30 受付   9:30~9:50 開会・点呼・鎮魂行・日程説明・講師紹介
          10:00~11:00 講義①  11:10~12:00易筋行①  12:00~13:00昼食休憩
          13:00~14:00 講義②③(同時開講)  14:10~15:10易筋行②
          15:10~15:30 本山派遣講師講評 ~ 点呼 ~ 閉会・解散
12. 申込    https://hadano.kanagawa-shorinjikempo.org/apply
          (アクセスにはパスワードが必要 教区事務局までご連絡ください)
13. 講習会問合せ  神奈川県教区 事務局長 飯田昌一 携帯 090-3507-7343
以上
2018.08.23 09:30 | 固定リンク | 行事紹介
8月度 教区長法話
2018.08.01
合掌
 台風一過の清々しい晴天といいたいところですが、異常とも言える危険な暑さがぶり返してしまいました。
私も8月上旬から一週間福島に仕事の関係で出張しますので水分補給をこまめにおこない熱中症には充分留意し体調維持に努めたいと思っています。門信徒のみなさまも若さを過信せずこの時期は慎重な対応をお願いいたします。

さて、千葉県教区では7月21日(土)から22日(日)の両日、助教・幹部拳士を中心とした、宿泊交流研修会を開催し39名のご参加をいただきました。





 初日は、「助教・幹部拳士の課題と悩み」をテーマに年代別のグループディスカッションを行い、討議発表の中で各世代とも少年部に対する教化育成指導の難しさや、高齢拳士に対する易筋行の難しさ等々多彩な苦労や課題を抱えていることが浮き彫りとなりました。これらの集約結果を基に、これからの教区研修会の展開やテーマ選択の方向性として少しでも門信徒のみなさまに役に立つ教区活動にしたいと思います。



 また、22日の僧階講義に於いては、指導者を含めた門信徒同志の強い絆を深めることがなぜ必要かという初歩的なことから、金剛禅運動の広布へと繋がる布教者としての在り方を再確認し、更に易筋行に於いては普段道院でなかなか修行できない技術について質疑形式で行い、基本の体さばきや縛法等多岐にわたる易筋行修練を行うことができ受講者の皆様方から満足したとの感想を頂き、次回に繋げる手ごたえを感じとる事ができました。




開催にあたりご尽力を賜りました講師の先生方そしてスタッフの先生方にこころより御礼申し上げます。



 道院も教区も人と人とのつながりにより成り立っています。居心地のいい場所には必然と人が集います。私の所属する道院でも、参座している門信徒のみなさんの顔色を確認しながら楽しく、元気よく、この場所(道院)が居心地一番と思っていただけるように心がけています。子供たちなどは、遊び中心の修行となっています。子供たちにとっては、楽しさが一番の様です。
千葉県教区も「居心地のいい教区」を目指し門信徒のみなさんが求めるものと教化育成の課題をベストマッチさせることが一番と考えこれからも頑張っていきたいと思います。
今年の夏は、危険な暑さといわれています。体調を整えることも内修の修行ですので易筋行と共に調和のとれた行に励んで頂きたいと存じます。
合掌再拝
2018年8月1日
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)


2018.08.01 09:48 | 固定リンク | 教区長法話

- CafeNote -